職場や勤務先に在籍確認なしでお金借りるなら キャッシング審査で不安!?初めてのカードローン

 

職場や勤務先に連絡なしでお金借りる! 在籍確認が気になる5万キャッシング どうしてもお金を手に入れる方法

 

 

1.大手消費者金融を選ぶ

 

 

2.オペレーターが柔軟な金融会社を選ぶ

 

 

3.対応がいい消費者金融を選ぶ

 

 

 

・プロミスならオペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス実質年率 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

・SMBCモビット金利3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビット勤務先連絡 詳細

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・借り入れは1000円から
・最高限度額500万円
・最短30分審査完了
・来店不要、即日融資可能で審査
・手続きはネットですべて完結で便利
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

 

職場連絡なしキャッシングならどの消費者金融がおすすめ?在籍確認が不安

 

職場に対する電話連絡なしでキャッシングをしてもらいたいのであればSMBCモビットという消費者金融でWEB完結申し込みをするのがおすすめになります。

 

SMBCモビットのカードローンにWEB完結申し込みについて解説します。

 

SMBCモビットキャッシング審査に必要となる書類を提出すると、職場に消費者金融の審査担当スタッフが電話なしでお金を借り入れることが可能です。

 

指定した条件をクリアしていれば、確実に職場に電話を入れるのを避けることができるため職場の同僚に知られない状態でキャッシングをしたい人におすすめになります。

 

そしてSMBCモビットのカードローンにWEB完結申し込みをするためにはどうしたらいいでしょうか?

 

まず健康保険証を使って職場に在籍しているかどうかを確認するので職場が発行している健康保険証か職場が所属している組合が発行している健康保険証を所持している必要があります。

 

国民健康保険しか持っていないときには申告している職場に在籍しているかどうかが判断できないので、

 

職場に電話を入れる在籍確認をする必要が生じるのです。

 

またSMBCモビットと深く関わっている三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の普通預金の口座を開設していなければ、WEB完結申し込みを行うことができません。

 

どちらの銀行も口座を開設するときにも入念な身元確認を実施しているため、どちらかの銀行の口座を開設していることによって職場に対して電話を入れなくても融資を受けることができるようになります。

 

セブン銀行カードローンは借り入れ限度額の上限金額が50万円と比較的少なめではありますが職場に電話連絡をして在籍確認を行わなくても、すぐにキャッシングをすることが可能です。

 

審査にかかる時間は最も短い場合だと、およそ10分ぐらいと審査スピードが大手の消費者金融よりもスピーディーなため、お金が急に必要になった場合におすすめになります。

 

ところがセブン銀行カードローンは大手の消費者金融と比較して審査基準が厳しいので審査に通過できるかが不安だという人はSMBCモビットの方がおすすめです。

 

すでにセブン銀行の口座を持っている人であれば職場に電話連絡なしで申し込んだその日の内に借り入れたお金を手に入れることも可能となります。

 

キャッシュカードを所持していれば、セブン銀行ATMから24時間お金を借り入れることができるため突発的な出費があってピンチに陥った場合にも役に立つのです。

 

SMBCモビットとセブン銀行カードローン以外の場合はカードローンのサービスに申し込むと審査で原則として職場に電話連絡をして在籍確認がされることになります。

 

例外的な措置として書類を提出するだけで在籍確認がとれたものと見なしてくれる場合もあります。

 

どうしても職場に電話が入るのを避けたい場合は、まず消費者金融の担当者に電話を入れて職場に電話連絡をして欲しくないという気持ちを伝えることが必要です。

 

そうすると職場に電話連絡をしてもらいたくない理由を尋ねられますが、そのときには理由を正直に伝えるようにします。

 

申し込んだときに申請した内容や信用情報機関のデータベースに照合した審査の結果が良ければ電話連絡ではなく書類の提出によって在籍確認がとれたものと見なされる場合があるのです。

 

→ 生活保護でもキャッシング

 

職場に電話連絡をする必要があるかどうかは消費者金融の審査を担当するスタッフの判断に左右されることが多いです。

 

担当するスタッフの信頼を獲得することができれば職場に電話連絡なしでキャッシングをしてもらう可能性があります。

 

しかしカードローンの審査の担当スタッフの判断次第によっては、どうしても職場に電話を入れないと在籍確認ができないと判断されてしまう場合があります。

 

ですので消費者金融の審査担当のスタッフがどのような形で会社に電話連絡をするのかを知っておくことは必要なことです。

 

一般的な消費者金融の審査担当のスタッフが在籍確認のために会社に電話を入れるときには、消費者金融の社名を名乗るということはありません。

 

原則として担当者個人の氏名で電話をかけるため同僚に消費者金融から連絡があったと知られるようなことはほとんどないのです。

 

貸金業法により消費者金融は第三者に対して故意にお客様の個人情報を漏洩させてはいけないと定められているため、在籍確認のために会社に電話を入れる場合も、できるだけ消費者金融に在籍しているスタッフであることを知られることがないように配慮してくれます。

 

ある程度の人数の社員が在籍している企業の場合は、在籍確認のための電話連絡があることは決して少なくないことなため個人の氏名で電話が入ってきたとしても必要以上に怪しまれるという心配はほとんどありません。

 

堂々とした対応をしていればキャッシングを利用していることが同僚に知られてしまう可能性はほとんどないです。

 

銀行が提供するカードローンに申し込んだ場合は銀行名を名乗り電話を入れる場合がありますが、カードローンの審査であることを明かしたりはしないため、やはり同僚に知られることはほぼありません。